恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソンが死去3ヶ月目にして埋葬


久しぶりに大崎でブラブラと散歩してきました。



3日(日本時間4日)、アメリカのロスアンゼルスでマイケル・ジャクソンさん(50)
の埋葬が執り行われます。
式典には、ジャクソンさんの遺族のほか、親交が深かった歌手のダイアナ・ロスさん
(65)や、アレサ・フランクリンさん(67)らも参列し、埋葬時には歌を捧げると
いうことです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

マイケル・ジャクソンさんは殺害された可能性大

ツタヤでマイケル・ジャクソンのDVDをレンタルしてきました。


6月25日、アメリカのロスアンゼルスで急死した歌手のマイケル・ジャクソンさん(50)
ですが、検視を行ったロス郡検視局が、「致死量を超える薬剤を投与したことによる「他殺」」
とと結論づけたということです。

検視結果によりますと、マイケルさんは死亡直前、専属医師を務めていた心臓内科医のコンラッド
・マーレー医師は、不眠を訴えるマイケルさんに精神安定剤のほか、催眠剤「ロラゼパム」、麻酔
薬「ミダゾラム」を複数回投与しています。
10時40分、「マイケルさんから繰り返し要求された」として麻酔薬「プロポフォール」を25
ミリグラムを点滴投与。投与中の患者を常時監視するべきですが、マーレー医師は約2分間離れた
ところ、マイケルさんの呼吸はなかったということです。

「約6週間にわたって毎晩、不眠症に悩むジャクソンさんに(睡眠薬を)処方していた」と薬物投
与を認めているマーレー医師。

さらに供述の中でマーレー医師は、マイケルさんが病院内でのみ用いられる麻酔薬に対する依存が
強まってきたことを心配していたこと。麻酔薬の量を減らす代わりに鎮静剤の同時投与を始めてい
たということも明らかになっています。このような薬物の同時投与はたいへん危険とされています。

ロス捜査当局は過失致死容疑でマーレー氏の自宅などを捜索しており、マーレー医師が訴追される
可能性が高まっているということです。

マーレー医師が使用した薬は、専門医と設備が整った病院内で投与されるべきものであり、専門外
の心臓内科医がみだりに処方してよいものではない、ともいわれています。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000029-mai-int


Watch Michael Jackson Dangerous Tour in é?³æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
にほんブログ村

テーマ : 男性アーティスト
ジャンル : 音楽

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。