恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリス、警察に「コカインはガムだと思っていた」

8月27日にコカイン所持の容疑で逮捕されたパリス・ヒルトンが、警察の取り調べに対し、ハンドバッグの中から発見されたコカインは「チューインガムだと思っていた」と発言していたことがわかった。

【写真】8月27日にコカイン所持の容疑で逮捕されたパリス・ヒルトン

警察が公表した調書によれば、パリスは問題のハンドバッグは友人のものだと主張し、発見されたコカインについては「見覚えがないが、ガムかと思った」と答えたという。

「彼女は、バッグは自分の所有物ではなく、友人から借りたものだと言った。(バッグの中に入っていた)ぜんそくの薬は自分のものであることを認めたが、コカインは自分のものではないと言った。誰のものかと尋ねると、彼女は見たことがないと言い、その後でガムかと思ったと言った」とラスベガス警察の調書に記されていると Contactmusic.comが伝えている。

逮捕から3時間後には拘置所から出て来たパリスだが、TMZ.comによれば、警察はパリスを麻薬所持の重罪で起訴する意向だそうで、最長4年の禁固刑もあり得るという。【UK在住/ブレイディみかこ】

引用元:Yahoo!Japan News

若返りの美肌術
スポンサーサイト

テーマ : モデル・タレントの卵
ジャンル : アイドル・芸能

舘ひろし、浅野温子との5年ぶり共演に 「相変わらず“いい女”」

 俳優の舘ひろしと女優の浅野温子が、キリンビールの新ジャンル商品『本格<辛口麦>』の新CMで5年ぶりに共演していることが30日、わかった。同CMは舘が故・石原裕次郎さんの代表曲をリメイクした「嵐を呼ぶ男 2010」を歌い、ドラムパフォーマンスに挑戦している『嵐を呼ぶ男 2010』シリーズの第2弾となる。2005年に公開された映画『まだまだあぶない刑事』以来の浅野との共演に舘は「相変わらず“いい女”だった」。一方、浅野は「久しぶりの舘さんは、ダンディになっていた」と印象を語り、揃って再会を喜んだ。

【写真】豪快なドラム演奏を披露する舘ほか、新CMの場面カット一覧

 A面とB面の2部構成となっている同CM。撮影が決まってからは、常にドラムスティックを持参し、移動中の車内や仕事場で練習をしていたという舘のドラム演奏は、前作よりさらに磨きがかかった。A面にあたる「ブランド篇」では、『嵐を呼ぶ男 2010』の物語がドラマ仕立てで描かれており、対するB面の「シズル篇」では、A面で繰り広げられる物語における伝説のドラマー・ヒロシ(舘)の“心の中”が映し出される内容となっている。

 すべてを忘れるかのように、無心にドラムを叩くヒロシ。人々の心を揺さぶる孤高の演奏を、初めて目の当たりにした若者たちは「誰あのオッサン? 本格的なんスけど…」と驚きを隠せない。すると、ヒロシの過去の栄光を知る女(浅野)は「嵐を呼ぶ男…」とつぶやく。若者は恐る恐る自らのバンドに誘うも、つれないヒロシは「俺は辛口だぜ。やけどするからやめときな」と同商品を飲み干す…というシブいストーリーが「ブランド篇」では展開される。対して「シズル」篇では「ブランド篇」で若者たちが口にした「本格的」という言葉にひっかかったヒロシが「本格“的”? 俺はほ・ん・か・く(本格)だ!!」と心の叫びをぶちまける。

 撮影現場で久々の再会を果たした舘と浅野は、会って早々ハグし合うなど大喜び。撮影でも『あぶない刑事』シリーズで見せた“あうんの呼吸”は健在で、それぞれの役柄を魅力たっぷりに演じきった。

 浅野について「温子(オンコ)とは久しぶりに会いましたが、相変わらずいい女でした」と親しみを込めて語った舘は「彼女が撮影現場に入ってきた途端に華やかな空気に包まれ、“あぶデカ”を彷彿とさせる雰囲気で心強く楽しかったです。さすが“本格”な女優ですね」と商品名と絡めつつ、その存在感を絶賛。浅野は「久しぶりの舘さんはエライ変わっていました。ダンディになっていました」と笑いを誘い「以前は照れ屋だから優しさを見せないようにしていたのが、今は剛と柔を併せ持って本当のダンディになりました」と、当時を思い起こしながら語っていた。

 新ジャンル商品『本格<辛口麦>』の新テレビCM『嵐を呼ぶ男 2010 エピソード1 ブランド篇/シズル篇』は9月4日より全国で放送開始。

引用元:Yahoo!Japan News

事業資金の即日融資

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

24時間テレビ瞬間最高視聴率、はるな愛ゴール直後!35.7%

 28~29日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ33『愛は地球を救う』」で、「24時間チャリティマラソン」に挑んだタレント、はるな愛が日本武道館にゴールした直後の瞬間世帯視聴率が、35.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが30日、分かった。

  [フォト]メーク完全崩壊!はるな愛、85キロ完走

 日本テレビによると、24時間テレビ全体の平均視聴率は15.8%で、歴代9位の成績。ビデオリサーチによると、29日午後7時~8時54分のフィナーレは25.6%だった。ちなみに、昨年はフィナーレが8月30日の衆院選開票速報番組の直前に放送されたこともあり、午後8時5分~9時で31.1%を記録していた。

 ドラマスペシャル「みぽりんのえくぼ」が放送された28日午後9時27分~同11時27分は、19.9%だった。

引用元:Yahoo!Japan News

高級エステガイド

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

<ミムラ>細川ガラシャ役で大河ドラマ初出演「精いっぱい全うしたい」

 女優のミムラさん(26)が上野樹里さん主演で11年に放送されるNHK大河ドラマ「江 姫たちの戦国」に細川ガラシャ役で出演することが30日、分かった。初めての時代劇で初のNHKドラマ出演ともなるミムラさんは、「いつかは経験してみたいと思っていた大河ドラマ。お声がけいただいてとてもうれしかったです」といい、「初の時代劇、初の実在の人物を演じることにドキドキしていますが、そこも含めて楽しみつつ、精いっぱい細川ガラシャを全うしたい」と意気込んでいる。

 「江 姫たちの戦国」は大河ドラマ50作目となる作品で、織田信長の妹・お市と浅井長政との間に生まれた歴史上名高い“浅井三姉妹”の三女・江の波乱に満ちた生涯を描く。三姉妹の長女で後に豊臣秀吉の側室・淀君となる茶々を宮沢りえさん、次女の初を水川あさみさん、三姉妹の母・お市を鈴木保奈美さんが演じ、江の夫となる徳川秀忠を向井理さん、父・浅井長政を時任三郎さん、おじ・織田信長を豊川悦司さん、豊臣秀吉を岸谷五朗さん、徳川家康を北大路欣也さんが演じる。宮崎あおいさん主演の大河ドラマ「篤姫」を手がけた田渕久美子さんのオリジナル脚本で、同じく「篤姫」の吉俣良さんが音楽を担当する。

 細川ガラシャこと「たま」は、明智光秀の娘で織田信長の仲人によって細川家に嫁いだ。子どもを授かり、平穏な日々を過ごしたが、本能寺の変で人生が一変。裏切り者の娘というらく印を押されて山奥に隔離され、数年の幽閉生活の末に細川家に戻ってキリスト教に救いを求め、ガラシャと名乗った。関ケ原の戦いで大名たちの妻を人質に取ろうとする石田三成に対し、ガラシャは武家の妻として命を絶つ道を選んだ。近年の大河ドラマでは06年の「功名が辻」で長谷川京子さん、00年の「葵 徳川三代」で鈴木京香さんが演じている。

 田渕さんはガラシャを「江にとってのあこがれの女性として描きたい」と語り、江はガラシャから戦国に生きる女性の悩みの深さを知り、覚悟や心意気の強さを学ぶという。屋敷陽太郎チーフプロデューサーは「作品ごとに新しい役どころにチャレンジされ、俳優としての魅力や可能性を着実に広げていらっしゃるミムラさんは、人間としての幅の広さを演じられる、まさに“ガラシャ的”な懐の深さを持った女性」と起用理由を話し、「ガラシャならではの戦いの作法を、華やかにしなやかにそして激しく演じていただきたい」と期待を寄せている。(毎日新聞デジタル)

引用元:Yahoo!Japan News

薄毛に悩む人の育毛剤

テーマ : この映画がすごい!!
ジャンル : 映画

<ドン・キホーテ>コスプレ衣装「COSU MODE POWER」 他社商品と類似で一部販売見合わせ

 ドン・キホーテは27日、8月15日に発売したコスプレ衣装「COSU MODE POWER」30種類のうち15種類について、「他社商品との類似という誤解を招きかねない、意匠・デザインだった」とし、販売を見合わせることを明らかにした。

 「COSU MODE POWER」は、同社が商品開発、デザインを行って販売した新たなコスチュームブランド。15日には、テリー伊藤さんの総合プロデュースで、同商品のファッションショーなど発売記念イベントを開催した。

 同社では、商品のデザイン・制作にいたった過程の社内追跡調査を行い、徹底的に問題を究明した上で、新たにデザインの検討、開発、再発売を目指すとした。なお、該当する15商品は現在までのところ販売個数はゼロといい、他の15商品については、店頭、通販サイトで販売を継続する。(毎日新聞デジタル)

引用元:Yahoo!Japan News

バストアップ法

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

<泉谷しげる>妖怪の声で「ゲゲゲの女房」出演 向井理との迫真の名シーンに注目

 シンガー・ソングライターの泉谷しげるさん(62)が、NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に妖怪・小豆洗いの声優として出演することが29日、分かった。泉谷さんは「まさか出演することになるとはねぇ。ただ、アニメーションの妖怪・小豆洗いの声と聞いて驚いたよ。何考えてるんだ! ふざけんな!(笑い)」と“泉谷節”でコメントを発表。「水木先生をとても尊敬している」ともコメントしている。

 「ゲゲゲの女房」は、マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんの妻・武良布枝(むら・ぬのえ)さんの自伝「ゲゲゲの女房」が原案。楽天的で働き者の主人公・布美枝(松下奈緒さん)が「水木しげる」こと夫の村井茂(向井理さん)とお見合いをし、結婚。貧乏生活の中、命懸けでマンガに打ち込む夫を支えながら、おおらかに生きる布美枝の姿が描かれている。

 泉谷さんが演じる小豆洗いは、小豆とぎとも呼ばれ、川のほとりで小豆を洗うような音をさせる妖怪。30日から放送予定の第23週「妖怪はどこへ消えた?」の9月3日、4日の回に登場する。泉谷さんは、同ドラマの放送開始前に知り合いのマンガ家らと「次は『ゲゲゲの女房だってよ!』とその場が沸き立った」というエピソードを披露。「水木さんの絵をもっと見てみたいというニーズがみなさんの中にあると思う。だから声優としての出演は案外よかったかな」といい、「僕もそうだけれど、みんな水木先生をとても尊敬しているのでしょうね。今後も水木ご夫妻の青春時代や先輩たちの貴重な体験を共有しながらぜひ楽しんでいただきたい」と話している。

 同番組の谷口卓敬チーフプロデューサーは「妖怪・小豆洗いがスランプに沈む水木しげるに呼びかける言葉には、妖怪の世界からの痛切なメッセージが込められています。その言葉と声の説得力は、泉谷さんの声をもって初めて実現できるもの」と語り、「泉谷さん対(水木しげるを演じる)向井さん、妖怪対人間の迫真の名シーンにご注目ください」と呼びかけた。

 ドラマはNHK総合で月~土曜日の午前8時に放送。(毎日新聞デジタル)

引用元:Yahoo!Japan News

太ももなどの脚やせ方法

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。