恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゼロからの出発」香川照之さん、歌舞伎出演へ

 四代目市川猿之助襲名が決まった歌舞伎俳優の市川亀治郎さん(35)は27日、東京都内で開かれた記者会見で「(伯父の)猿之助たっての希望で四代目を継ぐと決めた。次世代に渡すべく預かって歌舞伎の隆盛に貢献したい」と決意を語った。

 来年6月の新橋演舞場(東京)公演で襲名披露を行う。

 現・猿之助さん(71)の長男で俳優の香川照之さん(45)も同時に九代目市川中車(ちゅうしゃ)を襲名して歌舞伎出演が決まり、「ゼロからの出発だが、僕にも父の血が流れているはず」と語った。香川さんは歌舞伎では中車、映画などでは今まで通りの名を使うという。猿之助さんは二代目猿翁(えんおう)を襲名、香川さんの長男の政明さん(7)も五代目市川団子(だんこ)の名で初舞台を踏む。
スポンサーサイト

反原発 山本太郎 後見人はあの人

<恋人とは破局>

“反原発の旗手”山本太郎(36)が刑事告発された。今年7月、玄海原発の再稼働に抗議しようと佐賀県庁に突入したことについて、京都市の行政書士が建造物侵入と威力業務妨害の疑いで告発。これを佐賀地検が受理したことが分かったのだ。義憤に駆られたのか、政治的な意図があるのかはハッキリしないが、これが山本にとってケチのつき始めになる可能性がある。
「佐賀県庁に突撃した頃の山本は全国を飛び回っていました。所属事務所を辞めたのに、メディアの露出量は4倍に増え、通販会社のCMの仕事も入り、かえって羽振りがよくなったという声もありました。でも今は、かつての勢いがありません」(事情通)
 政治的な発言がアダとなり、交際していたフリーアナの三浦茉莉(29)と破局したとも報じられた。公私ともに冴えないのだ。そんな最中の刑事告発だけにこたえそうだ。
 最近の山本は、元チャンバラトリオのメンバーで、Vシネマ「難波金融伝・ミナミの帝王」のプロデューサー兼俳優、ゆうき哲也を頼って大阪に身を寄せているという。山本は20代の頃に「ミナミの帝王」に出演させてもらったことがある。本人も関西出身だし、かつての恩人の元で羽を休めることにしたようだ。
「ゆうきは『ミナミの帝王』のほとんどの作品に関わっていて、景気のいい頃は1本あたり200万円のプロデューサー料を受け取っていたそうです。現在は1年間の半分は那覇のホテルで過ごす悠々自適の生活です。山本ひとりの面倒を見るくらい造作ありません」(芸能関係者)
 まずは「ミナミ」で復活か。

(日刊ゲンダイ2011年9月22日掲載)

レディー・ガガ、早くも次作へ

今年セカンド・アルバム“Born This Way”を大ヒットさせたレディー・ガガ(Lady Gaga)が、早くも次作リリースに向けて動き出したという。

人気司会者ライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)のラジオ番組に出演した際に語ったもので、「(新作を)もう制作してるの。次のツアーのことも計画しているわ。アイディアがどんどん沸いてくるしそれがどんな風に実現できるかわかっているから、興奮しっぱなしだし忙しくて大変」とコメント。また詳細は発表されていないが、ロック寄りだった“Yo? and I”に続く“Born This Way”からの第5弾シングルも準備されているようだ。
(photo by TJ Sengel)

アデル、あのヒット曲に演奏禁止令?!

アデルの大ヒット・アルバム『21』からの最新シングル「Someone Like You」が、ダブリンにある楽器屋で、“演奏禁止”と正式に決定されたことがわかった。

この動きは、来店客がピアノを見つけると、必ずといっていいほど皆「Someone Like You」を演奏していたことから、従業員たちに嫌気がさしたことがきっかけだという。今では店頭の窓に“アデル禁止”といった看板まで飾られたほど。

従業員の一人によると、「レッド・ツェッペリンの『Stairway To Heaven』のピアノ・ヴァージョンみたいなもんで、皆誰もが弾けると思っちゃうんだよね。看板はジョークのつもりだったけど、実際にあの曲は頭をおかしくしちゃうことは事実だよ」。

なお、同店では他にも、ベートーヴェンの「エリーゼのために」や、マイケル・ナイマン('93年の『The Piano』に楽曲提供)の楽曲にも演奏禁止令が出されているという。これに近いところで、'06年にはUKのラジオ局が、ジェイムス・ブラントのヒット曲「You're Beautiful」および「Goodbye My Lover」を、「リスナーに飽きられている」ことを理由に放送禁止にしたことがある。ヒット曲をうむアーティストには、こういった問題がつきもののようだ。

「10日滞在」イヤ?東京国際映画祭の外国人審査員が1人決まらず

 10月に開催される第24回東京国際映画祭の概要が21日発表され、依田巽(たつみ)・同映画祭チェアマンは、コンペティション部門の外国人審査員5人のうち最後の1人が決まっていないことを明らかにした。依田チェアマンは「(審査員の確保に)非常に苦戦している」と述べ、「私見」としながらも、福島第1原発事故による放射能漏れの風評が原因であることを認めた。開催1カ月前に審査員が決まっていないのは極めて異例。

 依田チェアマンは「原発事故の影響は大きく、東京に最低10日間滞在すると分かると、いろいろな理由で参加してもらえない。公式見解ではないが、現実はそういうことだ」と話した。

 映画祭は10月22日から30日まで、六本木ヒルズ(東京都港区)をメーン会場に開催。仙台市での特別上映会や、震災を題材にした映画などの特集上映も行われる。

キスマイ、初の冠ラジオ番組開始へ

 ジャニーズ事務所に所属する7人組アイドルグループ・Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)の初の冠ラジオレギュラー番組(毎週木曜 午後9時~ 文化放送系)が、10月6日よりスタートすることが、わかった。番組では、メンバーが週替わりで登場し、初回は7人揃って出演する。

 同番組では、ラジオやテレビなどこれから出演する様々なトーク番組に備えた練習コーナーや、本物のスターになるために修行するコーナーなど、彼らの素顔も見ることができる。

 Kis-My-Ft2は、北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣の7人組。今年8月10日にシングル「Everybody Go」でメジャーデビューし、8/22付週間シングルランキングで首位に初登場した。同曲は、メンバーの藤ヶ谷、玉森が出演するドラマ『美男(イケメン)ですね』(TBS系)の主題歌に起用されている。

 彼らは、8月28日にはデビューから最速の18日で東京ドーム公演を行い、来年、東南アジアツアーと国内ツアーを行うことが決定している。
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。