恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBSで18半年ぶり映画枠が復活 水曜ゴールデンの視聴率奪取を狙う

 TBSは29日、4月からの番組改編で水曜午後9時からゴールデンタイムに新たな映画枠『水曜プレミアシネマ』を設けることを発表した。同局としては『水曜ロードショー』(1989年10月~1993年9月)以来、18年半ぶりの専門枠の復活となる。同曜日の同時間帯には他局の刑事ドラマシリーズなどに押され、同局では視聴率で2ケタ台を取るのもままならないほど苦戦を強いられてきた。一方で、『ROOKIES―卒業―』や『ハナミズキ』など大ヒット映画も数多く製作してきた。新映画枠では邦画はもちろん、海外のヒット作もラインアップし、水曜日の固定視聴者獲得を目指す。

そのほか、昨年の10月改編の流れでバリエーションの多様化を継続しながら、各曜日の“タテの流れ”を意識した改編を敢行。新映画枠につながるゴールデン帯の入り口として、水曜午後7時からは、お笑いコンビ・さまぁ~ずの出演でクイズ系バラエティの新番組『まさかのホントバラエティー イカさまタコさま』を放送する。
スポンサーサイト

<錦戸亮>連ドラ「パパはアイドル!」に本人役で主演 3児のパパに

 アイドルグループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが、4月期のTBS系連続ドラマ「パパはアイドル!」(仮題)で主演を務めることが明らかになった。劇中でも、ジャニーズ事務所に所属する現役アイドルの“本人役”を演じるのが見どころで、錦戸さんは「世間が見た錦戸と、僕自身が思う錦戸のずれを楽しみながら撮影していきたいです」と意気込んでいる。

 ドラマは、中山美穂さんが本人役で主演した87年の同局系ドラマ「ママはアイドル!」をリメークしたホームコメディー。3人の子どもを持つシングルマザーと結婚するが、事務所には「3カ月以内に離婚か引退か決めること。バレたら即引退」と命じられ、ファンやほかのメンバーに結婚を秘密にしたまま、さまざまなトラブルに見舞われながらも家族の絆を深めていく……という物語。

 結婚相手役で優香さん、その長女役で川島海荷さん、結婚を勧める義母役で高畑淳子さんが出演する。「関ジャニ∞」のほかのメンバーも実名で登場し、チーフマネジャーを財前直見さん、グループマネジャーを八嶋智人さん、現場マネジャー兼運転手をえなりかずきさんが演じる。アイドルや俳優、タレントやアーティストも実名で出演する予定。さらに、実際の同局の番組とのコラボレーションで、錦戸さんが出演する各番組とドラマがリンクすることもあるという。

 メンバーとの実名共演について、錦戸さんは「こんなにもダメ人間の集まりっていうのを、見ている方に引かれない程度に出せれば……(笑い)。とにかく、みんなリアルに演じてもらえたらと思います」とコメントしている。ドラマは4月スタートで、毎週木曜午後9時放送予定。(毎日新聞デジタル)

紗栄子「私の大切な人」ダルとのツーショット写真を公開

 1月19日にレンジャーズのダルビッシュ(25)との離婚を発表したタレントの紗栄子(25)が27日、自身のブログを更新。「BEST FRIEND。」とのタイトルで、紗栄子がケーキを手にしたダルビッシュとのツーショット写真を公開した。「離れても彼はずっと私の大切な人」とし「今日、少し落ち込むことがあったんだけど、私の気のすむまで時間をかけて話を聞いてくれて、言葉をかけてくれました。今でも支えてくれる有くんに感謝」と離婚後も良好な様子をつづっている。

RAG FAIRおっくん「左特発性顔面神経麻痺」で入院

 活動休止中のアカペラグループ、RAG FAIRの“おっくん”こと奥山政佳(33)が「左特発性顔面神経麻痺」と今月20日に診断され、現在も治療のため入院していることがわかった。28日に名古屋市内で出演予定だったライブイベント『松永貴志 featuring 奥村政佳』は開催中止が決まり、奥山は公式サイトで謝罪とともに「生まれて初めての入院生活ですが、順調に治療も進んでいますので安心して下さい」とコメントしている。

 22日にライブ中止を公式サイトで発表したのに続き、25日には自身のブログで「原因ははっきりとはわからないものだそうですが、いろんなストレスで抵抗力が弱まったときになる人が多いらしく、震災から1年という区切りを前にどれも大切にしたいことが、色々立て込んでしまったというのも正直なところです」と経緯を報告。

 「左半分の顔に力が入らない状況」といい「まぶたも閉じないし、おでこ、鼻、唇も。歯医者で歯を抜いた直後の違和感がずっと続くみたいな感覚。寝るときも目が閉じないし、シャワーのときも困ります。幸い聴覚は正常だけど、味もなんだかヘンだし、ごはんは噛めば噛むほどお口が勝手に右へ行きたがるし、左頬はリスみたいにたまるので、これがちょっとツラいです。鏡の前で一生懸命リハビリ中」と現状を明かした。

 奥村は「ステロイドの集中的な点滴と投薬をしているので、退院予定の3月あたまくらいまでは病院。ストレスは良くないらしいのですが、あまり暇なのが僕はストレスなので…どうしましょうねぇ(笑)」と冗談を綴る余裕も生まれ、「病室外交はおかげさまでスムーズ!お友達も沢山出来ました。そのあたり、いたって気持ちは元気なのでご心配なく!」と明るく呼びかけている。

サバンナ高橋、交際認めた「彼女いてます」

 お笑いコンビ、サバンナの高橋茂雄(36)が24日、都内で行われた「SoftBank 4G」のサービス開始記念イベントで、韓国人モデルとの交際を認めた。「普通に彼女いてます」と宣言し「韓国の方なんで日本語を教えてあげてます。こんにちはとか、愛してるとか」と明かし大赤面。「(週刊誌)記事に同棲って出てたけど、してないんです」と同棲は否定していた。

ファーイースト・ムーヴメント新曲はなんとビーバーとのコラボ

2010年発表のシングル“Like A G6”がアジア系アメリカ人によるヒップホップ・グループとして初の全米チャート1位獲得という輝かしい記録を作ったファーイースト・ムーヴメント(Far*East Movement)が、今年リリース予定の新作から発表する新たなシングルになんと世界的人気を誇るアイドル、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)を迎えていることが明らかになった。

ファーイースト・ムーヴメントは、“Like A G6”や“Rocketeer”などのヒットを生んだメジャー・デビュー作“Free Wired”に続く新作を準備中。昨年11月にはライ・ライ(Rye Rye)をゲストに迎えたリード・シングル“Jello”を発表したが、次なるシングルはジャスティン・ビーバーを迎えた“Live My Life”になるという。

彼らと同じマネジメント会社と契約しているスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)を介して知り合ったというビーバーの参加について、「あいつは才能があるし、大人になった。それに俺たちもこれまでと違うことをやりたくなったし」とリーダーのケヴ・ニッシュ(Kev Nish)は説明。アップテンポなエレクトロ曲となったこの“Live My Life”はレッドワン(RedOne)によるプロデュースだが、レッドワンは他にも数曲でファーイーストの新作に参加しているほか、ビーバーが今年リリース予定の新作“Believe”にも関わっているとか。

“Live My Life”は2月28日にデジタル・リリースされる予定で、5月リリース予定のファーイースト・ムーヴメントのニューアルバム“Dirty Bass”に収録予定。また、ケヴは“Live My Life”について「若いオーディエンスと俺たちのオーディエンスの間にあるギャップを埋めるような曲を作りたかったんだ。クラブも盛り上がる曲だぜ」と語っているが、LMFAOによるリミックス・バージョンの存在も明らかになっている。(t)
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。