恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ史上最高視聴率40・1%…28日・スウェーデン戦に列島釘付け

なでしこ史上最高視聴率40・1%…28日・スウェーデン戦に列島釘付け

スポーツ報知 7月31日(火)8時2分配信

 28日にNHK総合で生中継されたロンドン五輪サッカー女子1次リーグ「日本×スウェーデン」戦の瞬間最高視聴率(関東地区)が、試合終了直前(午後9時48分)のロスタイムに40・1%をマークしたことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。サッカー女子の視聴率が40%を突破したのは史上初。平均視聴率も関東地区で前半24・3%、後半30・2%を記録、五輪アジア最終予選の日本・韓国戦を上回る過去最高の数字で、改めて注目の高さを証明した。

 なでしこジャパンが、驚異的な数字をたたき出した。1次リーグ2戦目のスウェーデン戦。決勝トーナメント進出をかけた大事な一戦とあって大きな注目が集まる一方、“土曜のゴールデンタイム”の放送ということもあり、なでしこ史上最高の視聴率となった。

 瞬間最高は午後9時48分の試合終了直前のロスタイムで40・1%。サッカー女子の試合で視聴率が40%を突破したのは初だ。また、関東地区の前半(午後8時~同47分)平均視聴率は24・3%、後半(午後8時55分~午後10時5分)は30・2%を記録。サッカー女子の平均視聴率が30%を突破したのも初となる。

 一方、関西地区の瞬間最高視聴率も午後9時49分で38・6%を記録。前半の平均視聴率20・1%、後半28・4%と、こちらも高い数字をマークした。

 なでしこジャパンの視聴率で、これまでの最高はロンドン五輪アジア最終予選の「日本×韓国」戦だった。NHK総合が昨年9月3日に中継、後半の平均視聴率が関東地区29・0%、関西地区26・4%、瞬間最高視聴率は試合終了前後の33・4%(関東地区)だった。今回、瞬間最高、平均視聴率共に、この試合の記録を上回った。

 今回のロンドン五輪でも、29日までに中継された競技の中では最高の数字。初戦のカナダ戦で2―1と勝利して、なでしこへの関心が高まったことも視聴率を後押し。26日深夜に放送されたサッカー男子1次リーグ「日本×スペイン」戦の後半平均視聴率26・0%、瞬間最高28・7%(いずれも関東地区)も、軽々と上回った。

 NHKの関係者は「時間帯(土曜のゴールデンタイム)がよかったことと、なでしこジャパンへの高い関心が生んだ数字」と分析。昨年7月の女子W杯で世界一に輝いて以降、高視聴率を連発してきたが、今回の決勝トーナメントでは、さらに高記録が期待できそうだ。(数字はいずれもビデオリサーチ調べ)

 ◆午前5時からの開会式は24・9%
 28日午前5時からNHK総合で生中継されたロンドン五輪・開会式の平均視聴率が関東地区で24・9%だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高視聴率は午前8時37分の聖火点灯直後に花火が打ち上がった瞬間。38・4%と40%に迫る数字を記録した。また、日本選手団入場時(午前7時7分)の瞬間視聴率は29・9%。関西地区の平均視聴率は21・4%、瞬間最高視聴率は聖火点灯直前で34・4%だった。

 ◆柔道判定覆り上昇28・5%
 29日に放送された柔道・男子66キロ級の海老沼匡(22)の準々決勝の瞬間視聴率(関東地区)は28・5%だった。同試合は旗判定で一度は対戦相手の韓国選手に旗3本が上がったものの、審判委員の異議申し立てで覆った。試合開始時(午後9時17分)は22・1%だった視聴率は延長、旗判定と進むにつれて上昇。最初の旗判定で青旗3本が上がった瞬間の午後9時31分に28・5%をマーク。判定が覆り、海老沼が勝った後、東京のスタジオに画面が戻った午後9時36分にも再び28・5%を記録した。


スポンサーサイト

五輪で放送開始遅れも「清盛」2桁維持

五輪で放送開始遅れも「清盛」2桁維持

デイリースポーツ 7月30日(月)22時26分配信

 ロンドン五輪中継の影響で放送開始時刻が二転三転し、29日午後10時2分から放送されたNHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率が、関東地区で前週比0・7%増の11・4%だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区も1・2%増の10・7%だった。

 日曜午後8時スタートの大河ドラマは、29日は柔道女子52キロ級、男子66キロ級の中継と重なるため、午後9時からの放送に設定されていたが、五輪中継が延長されたためさらに放送開始が遅れた。異例の時間での放送だったが視聴率は2桁を守った。

 「平清盛」はロンドン五輪男子マラソンの中継と重なる8月12日の放送を休止、翌週に放送することが発表されている。

【ロンドン五輪】男子サッカー、12年ぶり決勝T進出決めたモロッコ戦の視聴率9.2%

【ロンドン五輪】男子サッカー、12年ぶり決勝T進出決めたモロッコ戦の視聴率9.2%

オリコン 7月30日(月)14時37分配信

 日本時間30日未明に行われたロンドンオリンピック、男子サッカー予選『日本−モロッコ戦』(前0:40~3:10 フジテレビ系)の世帯平均視聴率が9.2%だったことが30日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。テレビ視聴者のうち、同番組を見ていた「視聴占拠率」は41.4%と高い数字を記録。試合は1‐0で日本が勝ち、2000年のシドニー大会以来、3大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

 2日前のスペイン戦の疲れもあり、日本は全体的に動きが鈍く、スピードのあるモロッコに攻め込まれる時間帯も多かったが、前半を0−0で折り返す。後半に入って、徐々にFWの永井謙佑選手や、初戦でゴールを挙げた大津祐樹選手を中心に相手ゴールに迫るシーンが増えていく。すると、試合終了間際の後半39分、MF清武弘嗣選手の縦パスに反応した永井選手がスピードを生かして相手より一歩早くボールに触れ、飛び出したゴールキーパーの頭上を越えるループシュートを決め、決勝点をもぎ取った。

 2連勝した日本は勝ち点を「6」に伸ばし、グループDで2位以上が確定。同グループの「スペイン‐ホンジュラス戦」では強豪スペインが0‐1で敗れ、まさかの1次リーグ敗退となった。日本は、8月1日(日本時間2日)の最終戦で1位突破をかけ、勝ち点「4」のホンジュラスと対戦。日本は引き分け以上で1位通過。負けた場合はホンジュラスが1位通過となる。

五輪開会式、聖火点火が最高視聴率38・4%

五輪開会式、聖火点火が最高視聴率38・4%

読売新聞 7月30日(月)11時13分配信

 ロンドン五輪で、28日午前5時からNHK総合テレビで中継された開会式の平均視聴率が、関東地区で24・9%だったことが、ビデオリサーチ社の調べでわかった。

 瞬間最高視聴率は、聖火が点火された直後の同8時37分の38・4%だった。開会式の平均視聴率としては、夜の時間帯に放送された前回北京五輪を12・4ポイント下回った。

 NHK総合テレビでは、サッカー・女子が決勝トーナメント進出を決めた「日本×スウェーデン」の後半戦(28日午後8時55分~同10時5分)が、30・2%を記録した。


なでしこ・川澄の半生、来春にもドラマ化へ

なでしこ・川澄の半生、来春にもドラマ化へ

スポーツ報知 7月29日(日)8時3分配信

 なでしこジャパンのMF川澄奈穂美(26)=INAC神戸=を主人公にしたテレビドラマ制作が計画されていることが28日、分かった。川澄の出身地、神奈川県大和市内で行われたスウェーデン戦のパブリックビューにゲスト参加した、漫画「なでしこのキセキ 川澄奈穂美物語」(小学館)の原作者、上野直彦さん(46)が明らかにした。

 ドラマは、「少年サンデー」に5週連続で連載され、5月に単行本となった上野さんの作品が原作となる予定。原作では、サッカー少女が日体大時代に左ひざ前十字じん帯断裂の重傷を克服して、2011年のドイツW杯で世界一になるまでの劇的な様子が描かれている。

 サンデーで連載中の4月に、関西の民放テレビ局からドラマ化の話が寄せられた。女子サッカー選手のキャスティングなど難しい面もあるが、20年以上、女子サッカーを応援し、INAC神戸ではスカウト担当も務めた上野さんは前向き。「北京五輪でも代表から落選した選手。友情を大切にしながらはい上がった姿はまさにドラマです。協力は惜しみません」と話した。早ければ来春、2時間枠での放映を目指している。

真夜中のなでしこ、瞬間最高視聴率14・5%

真夜中のなでしこ、瞬間最高視聴率14・5%

読売新聞 7月26日(木)10時58分配信

 テレビ朝日系で25日深夜に放送されたロンドン五輪のサッカー女子グループリーグ、日本―カナダ戦の平均視聴率が、関東地区で11・8%だったことが26日、ビデオリサーチ社の調べで分かった。

 瞬間最高視聴率は、試合終了約10分前などの14・5%だった。


カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。