恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡八郎せいじにオール巨人「涙出そう」

岡八郎せいじにオール巨人「涙出そう」

サンケイスポーツ 10月14日(日)11時46分配信

 漫才師、オール巨人(60)が吉本百年物語10月公演「これで誕生! 吉本新喜劇」を観劇し、自身の師匠であるかつての新喜劇の大看板、岡八郎さん(03年に八朗に改名、享年67)に扮する千原せいじ(42)の演技に感激していたことが13日、分かった。

 「せいじの演技もすごく良かった。(終盤のシーンで)涙が出そうになりました。実際、そばで(岡さんを)見ていた頃だったんで当時を思い出し感激もひとしおです」

 舞台は1960年、花紀京(75)と岡さんが出会い、新喜劇の二枚看板として活躍するまでを描いている。一度新喜劇を離れた岡さんが終盤で、内場勝則(52)演じる花紀とコンビを復活させ、懐かしの新喜劇を再現。巨人はこのシーンに胸を打たれたのだ。

 「師匠の人柄がよく描かれていた。同じ時代を共有したお客さんが、当時を思い出しながら味わって観てくれているのにも感激しました」

 予想外(?)の絶賛にせいじもひと安心。巨人から先月、「ちゃんとせぇよ」とゲキを飛ばされていたためで、「太鼓判をいただき、安心しました。さらに自信をもって演じられます」。上演後は岡一門とともに、岡さんの懐かしのギャグ“ガオ~”で締めた。10月公演は大阪・なんばグランド花月で31日まで。

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。