恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨乞いで「カエルの結婚式」=バングラデシュ

【ダッカ11日AFP=時事】日照りに苦しむバングラデシュ北部の農民たちが、早くモンスーンの雨がやってきて農作物が育つようにと、わらをもつかむ思いで雨乞いのための「カエルの結婚式」を挙行している。地元当局者が明らかにした。
 バングラデシュは今年、ここ30年で最も雨の少ない7月で、農民たちは数世紀の伝統があるカエルの結婚の雨乞い儀式を行うことにした。
 ラムチャンドラプル村で行われた「結婚式」では、300人の村民が一張羅に身を包んで参加。カエルの花嫁と花婿は、赤いリボンで飾られ、特製バスケットに入れられてバナナの葉でできたステージに運ばれた。村人たちは歌い、米や草を供し、式の後はカップルを村の池に放してやった。
 バングラデシュでは通常、6月から9月にかけてモンスーンの雨が降り、年間降水量の75%をこの時期の雨が占める。7月はいつもは最も雨の多い月だが、今年は昨年より36%も雨が少ないという。

引用元:Yahoo!Japan News

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。