恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入、過去最高に 3Dブームが後押し

 東宝は15日、平成22年の国内映画興行収入が2200億円を突破し、過去最高となる見込みであることを明らかにした。来年の配給作品ラインナップ発表会見で語った。

 これまでの過去最高額は16年の2109億円だった。同社は要因として「アバター」「アリス・イン・ワンダーランド」「トイ・ストーリー3」など、3D作品の大ヒットが業界全体をリードしたことを挙げた。

 同社は今年、アニメ「借りぐらしのアリエッティ」(興収93億円)や、「THE LAST MESSAGE 海猿」(同80億円)などがヒット。今年の目標に掲げた「7年連続500億円超え」を9月末の時点で達成し、11月末時点で686億8700万円(前年同期比12%増)となった。

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。