恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KARA、骨折でも強制労働!? 提訴の3人、所属事務所と全面対決へ

 14日に専属契約の無効を求めて提訴した韓国女性5人組グループ「KARA」のニコル(19)ら3人側が、「骨折したスンヨンに、無理やり活動を継続させた」などと主張していることが15日、分かった。一方、訴えられた所属事務所「DSPメディア」は「一方的な主張で、真実を大きく歪曲(わいきょく)したもの」と反論。法廷闘争に入り騒動は全面対決の様相だが、日本での活動はひとまず5人で継続することになりそうだ。

 訴状で「月給1万円は不当」などと主張しているニコル、スンヨン(22)、ジヨン(17)の3人。韓国の複数メディアなどによると「昨年9月にスンヨンが尾てい骨を骨折した際、無理に活動を継続させた」と訴え、さらに「日本語を話せるマネジャーをつけず、日本に放置させた」「社長の娘の店のモデルになることを強要し、悪口が書かれた衣装を着て写真集の撮影をさせられた」などと主張していることが新たに分かった。

 一方、DSPメディアは「収益金配分などの問題は一方的な主張で真実を大きく歪曲したもの。すべての収益金を契約に基づき支払っている」と反論。両者は法廷争いに持ち込まれ決着まで長期化は必至だ。和解へ向け国民的歌手のテ・ジナが仲裁役となって動いているとの情報もある。

 主演ドラマ「URAKARA」を放送中のテレビ東京は「現時点で(収録に)障害が生じるとは聞いていません」とし、5人は全12話中、残る5話分の撮影を行うため今週中に再来日予定。CMを放映中のエステサロン「TBC」も「事務所側と連絡を取っており放送は続けます」。新曲「ジェットコースターラブ」も予定通り3月23日に発売する。

 メンバー3人が「報酬は月1万円」と主張したことに、関係者は「ありえない話」とした上で「法廷で決着がつくまでは、5人で活動するだろう」と話す。日本では5人の元気な姿を見ることができそうだが、韓国では「国内で活動せず日本びいきだ」と批判の声も上がっている。

 また、フジテレビの取材に応じたスンヨンの父親は、訴訟に踏み切った理由について「事務所側と交渉や調整をしている状態ではなく、何度も協議を申し込んだが何の反応もないので」と明かした。ジヨンの父親も「事務所側の誠意が足りない」などと主張している。

 

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。