恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・ケリー参加のアレサ新作は自主レーベルから

昨年発表した半年間の休養宣言から、予定どおり5月に活動を再開することを先日発表したアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)。同時に久々の新作をリリースすることも発表していたが、これが自主レーベルからのリリースであることが分かった。

アレサ・フランクリンは先日、5月28日にニューヨーク州のSeneca Niagara Casinoでステージ復帰する予定であることを明らかにした際、以前から制作が伝えられていたニューアルバム“Aretha: A Woman Falling Out Of Love”を同月にリリースすると発表していた。この新作だが、彼女の自主レーベルとなるAretha Recordsからのリリースとなり、米大手小売りチェーンのウォルマート限定で発売されるという。現在、発売日は5月3日と発表されている。

オリジナル・アルバムとしては8年ぶりとなるこの新作は、既報のとおりR.ケリー(R. Kelly)が制作に参加しているほか、製作中のアレサ伝記映画で主役のオファー話が噂されたことのあるゴスペル・シンガーのカレン・クラーク・シアード(Karen Clark-Sheard)、名ソングライターのリチャード・マークス(Richard Marx)やゴードン・チェンバース(Gordon Chambers)、またビービー・ワイナンズ(BeBe Winans)やフェイス・ヒル(Faith Hill)らが参加するという。

活動再開に向けてアレサは来週、手術後初めての出演となるTV番組が放送される予定。電話での生放送出演も成功させた友人のウェンディ・ウィリアムズ(Wendy Williams)の番組だけに、インタビューの内容も気になるところ。

また先日のグラミー授賞式ではアレサのトリビュート企画が行われたが、自分がその企画に声がかからなかったことを不服として同授賞式をあえて欠席したR&Bシンガーのファンテイジア(Fantasia)について、「残念だったわね。ファンテイジアは数年前にあったふたつのトリビュート両方とも参加してくれたのを覚えているわ。でもね、あの子はまだまだ青いわね。ショウビジネスというものを理解しなくちゃ。いくら自分が参加したいからって、その全てに参加できるとはかぎらないのよ。わざとあの子が外されたわけじゃないわ」と先輩らしい苦言を呈し、「夏には彼女に会う予定よ」と話している。(s)

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。