恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWV、新レーベルと契約し14年ぶりに新作発表へ

“Weak"、“Right Here/Human Nature”、“You're The One”、“Rain”などのヒット曲を放ち、90年代に活躍した女性3人組グループのSWV(Sisters With Voices)が、新しくレーベルと契約し、14年ぶりとなる新作を発表する予定であることを明らかにした。

2005年には再結成を果たし、ここ日本にもリユニオンとして来日公演を行うなどライブを中心に活動していたSWV。以前からSWVとしての新作を発表するつもりであるとしていたが、SWVは先日、元シティ・ハイ(City High)のライアン・トビー(Ryan Toby)やノエル・ゴーディン(Noel Gourdin)らを抱えるMass Appeal Entertainmentとの契約を発表し、E1 Music供給でニューアルバムをリリースすることを明らかにした。新作リリースにともなってSWVのリアリティ番組などの計画も進められている模様。

新作については発売時期など、まだ詳しいことは明らかにされていない。昨年の時点ではカーヴィン&アイヴァン(Carvin Haggins & Ivan Barias)、シェップ・クロフォード(Shep Crawford)、ケリー・プライス(Kelly Price)らとスタジオ入りしていると報じられており、またTwitterなどではジャジー・フェイ(Jazze Pha)、ブライアン・マイケル・コックス(Bryan Michael Cox)らとレコーディングしているとも明かしている。

ちなみに、彼女たちの代表曲のひとつ、“Right Here/Human Nature”をリメイクしたクリス・ブラウン“She Ain't You”は最新の米Billboard R&B/Hip-Hopチャートで現在8位とヒット中だ。(s)

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。