恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安定している上戸彩 15・4%でさらなる伸びも期待

 12日にスタートした上戸彩(25)主演のフジテレビ系連続ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」(毎週火曜後10・00)の初回平均視聴率が15・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。初回は10分拡大で放送された。

 10年4月期に放送され、最高視聴率18・0%(初回)を獲得したヒットドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」の続編で、本編放送前の8日には2時間半のスペシャルドラマ「絶対零度~未解決事件特命捜査~SP~」(平均視聴率13・9%)も放送された。今回は副題にあるように、さまざまな現場に潜入し、事件の真相を探る。共演は桐谷健太(31)、山口紗弥加(31)、北大路欣也(68)ら。

 前クール(4~6月期)の同枠ドラマ「名前をなくした女神」(杏主演)は初回は9・5%だったものの、徐々に数字を上げ、最終話で最高の15・7%を記録するなど話題を集めた。本作はスタートがいきなり15%越えをまずまずのスタートと言えそうだ。前作も全話平均14・4%と安定した人気を獲得していた人気作だけに、今後の展開次第でさらなる伸びも期待できそうだ。

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。