恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魁皇ラジオで秘話暴露!朝青龍けんか仲裁

 先月の大相撲名古屋場所で、前人未到の通算1047勝を上げて引退した元大関、魁皇の浅香山親方(39)が27日放送のニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(土曜後9・30)に出演することが19日、分かった。

 引退後のラジオ出演は初めて。魁皇と同世代のリスナーが多いことから、同局が依頼した。現役時代、同世代のファンから「頑張ってくれ! その姿を見て元気が出る」などと励まされてきたという魁皇は、感謝の気持ちを込め、快諾。2週にわたり登場する。

 番組では、「花の63年組」と称された同期の若乃花、貴乃花、曙(いずれも横綱)がスピード出世する中、「まさに“同じ土俵に上がる”ため」に闘志を燃やしていた現役時代のウラ話、子供のころから力持ちで中学で握力が100キロあり、リンゴを握りつぶしていたエピソードを披露。さらに、「自分が親方になって、これからの人たちを育てていきたい」と夢を語っている。

 また、03年夏場所で勃発した朝青龍Vs旭鷲山のけんか騒動を仲裁した秘話も“解禁”。同年の名古屋場所で、風呂に入ろうとした朝青龍と、先に出てきた旭鷲山の肩が当たってもめ始めたため、「やめとけ」と間に入ったといい、「旭鷲山に『早く出ろ』と促し、『外でしゃべるなよ』と言ったんだけど、結局、表沙汰になっちゃいました」と笑いながら明かした。

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。