恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里田、献身的に支えマー君のハート射止めた

 プロ野球・楽天の田中将大投手(23)と3月下旬に結婚することを発表したタレント、里田まい(27)は丸2年の交際期間中、献身的にマー君を支えてきた。休日は自分のスケジュールを後回しにして仙台を訪れ、掃除や洗濯、手料理を振る舞うなど、勝負の世界に生きる彼の身の回りの世話などを最優先してきた。そんな気遣いがマー君のハートを射止めたようだ。

 マー君は26日のブログで、「数々の賞をいただくことができたのも、日ごろから彼女に支えられてきたからこそ得られたものです」と告白。その言葉通り、里田は交際当初から、マー君のスケジュールを最優先してきたという。

 関係者によると、試合に集中してもらうため、シーズン中は人目にさらされやすい里田が住む東京で会うことを避け、マー君が本拠地・仙台に戻った時にデートするようにしていた。

 それもマー君の自宅でロールキャベツや鳥ガラスープの塩ちゃんこ鍋など得意料理を振る舞い、掃除、洗濯など身の回りの世話をすることが多かった。2人で旅行を楽しんだのも国内を避けて海外へ。マー君のオフシーズンを選び、一昨年12月に3泊5日でインドネシア・バリ島に出かけた。

 里田は2006年7月に初出演したフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴンII」の珍回答で注目され、タレントのスザンヌ(25)、木下優樹菜(24)と組んだ番組内のユニット、Pabo(パボ)でブレーク。木下は一昨年8月にお笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史(41)と結婚し、スザンヌは昨年12月、福岡ソフトバンクホークスのリハビリ担当、斉藤和巳コーチ(34)と結婚。メンバー3人全員が人妻になる。

 マー君と里田、スザンヌの3人で食事することもあったといい、斉藤コーチは沢村賞投手の大先輩とあって、マー君にとって参考になる話も聞けたようだ。里田とスザンヌはアスリートの妻として、料理学校へ一緒に通う約束もしている。

 2002年にカントリー娘。でデビュー直後、北海道・花畑牧場で牛の乳搾りなど酪農作業しながらステージに立つ“半農半芸”生活を送っていた里田。そんな苦労も愛する人を支える心の下地を作ったのか。

 結婚発表した26日は札幌市内でテレビレギュラー番組「里田まいのしゃかりき!」(北海道文化放送)の収録に参加。結婚後も仕事は続けるが、マー君を支える主婦業を最優先させる。

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。