恋愛や婚活を成功させるためのニュースなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリクソンがラーメン店を初プロデュース!

 お笑いタレント、ガリガリガリクソン(26)がラーメン店を初プロデュースすることが23日わかった。有名店が多い大阪・難波に「麺屋 坂本−トップをねらえ!−」を5月1日にオープンさせる。500店を全国行脚した末、特製の鶏白湯ラーメンを完成させた。サンケイスポーツの取材に「お店にも立ちます。楽しみです」と大喜び。R−1ぐらんぷり準決勝進出の“常連”が、Ramenでトップを狙う。

 なんばグランド花月から道頓堀へ、歩いて5分ほど。ミナミのラーメン激戦区に、巨漢芸人が殴り込みをかける。

 「出番の間に先輩芸人に来てもらいたい。ピースとか、あまり好きではないが、ジャルジャルとか有名な人にも。話題になりますから。後輩芸人? 商売というのは、がっちりお金を取るもの。スープと麺を少なめにするかもしれません」

 “本心”丸出しでそろばんを弾くガリクソンが、初プロデュースするのは「麺屋 坂本」。本名を店名に使用するほど気合のお店だ。

 きっかけは約8年前。あるラーメンチェーンでバイトをしており、地元の兵庫・伊丹市と尼崎市の2店舗の店長を任されていた。当時の月給は50万円と今をしのぐ。しかし、無用の?探求心が出てしまった。

 「チェーン店なのにレシピ通りに作らなかった。僕はお客さんのためにガラの量を増やしたり、野菜の量を調節したりしてしまい、クビになった。その時、いつか自分のラーメンを作ろうと思った。今回のコンセプトは自分が食べたいラーメン」

 約1年半前からグツグツとスープを煮込む毎日。さらに理想のラーメンを求めて全国行脚。約500店食べ歩きながら、改良に改良を重ねて鶏白湯のラーメンを完成させた。価格は680円に設定。試食した月亭八光(35)や桜 稲垣早希(28)は「うまい」と絶賛した。

 「仕事がない時は店に立ちます。元々やっていたし、ちゃっちゃとラーメンを作るのが好きなので、長時間でも大丈夫ですしむしろ楽しみ。仕事の比率で言うと、僕は芸人9対ラーメン1にしたいが、実際は芸人4対ラーメン6になりそう…」

 この第1号をしっかり軌道に乗せた後は、海外進出も狙っている。「次はベトナムに、そしてゆくゆくはパリのシャンゼリゼ通りに出したい」。巨漢らしく夢はデッカイ。鶏ガラとともにでっかく羽ばたきそうだ。

 ガリクソンにとって、ラーメン店をプロデュースする先輩芸人として、同じ“麺仲間”にシャンプーハットのてつじ(36)がいる。2010年4月、大阪・東心斎橋につけ麺の店「宮田麺児」をオープン。一度閉店したが、その後、11年9月に「三代目宮田麺児」として再開した。今年3月には米ロサンゼルスに海外店「麺児宮田」もオープンした。

 さらに規模が大きい成功例では、お笑いトリオ、B21スペシャルのデビット伊東(45)が有名。ラーメン店「でびっと」を国内7店舗、香港とマカオに各1店舗経営している。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。